栄養素のお話し(ビタミンC)

Posted 4 years ago

市川・本八幡・葛飾を中心に活動する

パーソナルトレーナー米倉竜太です。

トレーニングで体作りをおこなう時に

食事のアドバイスもおこないます。

基本的にはサプリメントではなく食事のバランスを

整えることを第一の目標とします。

 

しかし、食事から必要な栄養素を摂取できないと

考えられる場合はサプリメントをお勧めする事があります。

 

その中でも

 

ビタミンC(アスコルビン酸)

 

については重要だと考えており

摂取をオススメしているサプリメントのひとつになります。

 

サプリ

 

 

 

ビタミンCなぜ必要?

 

ビタミンCが体の中に多く存在し、

体の機能を健全に維持するために様々な点で

重要な栄養素ですが

熱・光・酸素に弱く不安定で

しかも体内で合成することはできません。

 

 

ということは、

 

「食べ物から積極的に摂取するしかありません」

 

必要な分は食品の中から摂らなければならないのですが

現代の生活において不足しがちな栄養素としてあげられます。

 

 

ビタミンCはどこで役に立つの?

 

ビタミンCは、血液中の量を1とすると

おおよそ

 

脳20 

白血球80

副腎150

 

という割合になり体内でビタミンCが多く存在するところには、

ビタミンCをどのくらい使っているのかの目安になる考えられています。

 

内臓

 

 

脳や副腎ではホルモン生産になどに関わり

白血球の場合は、移動を助けて結果的に生体防御機能を高めます。

 

このため、自己免疫能力の向上や疲労感、

精神症状の改善が期待できると言われています。

逆に不足すれば臓器機能低下により体調不良の原因や情緒にも影響があります。


 

ビタミンCが重要である理由

 

人はストレスを感じると脳や副腎という場所から

 

ストレスに対抗するホルモン

 

を出して乗り切ろうとします。

このときにビタミンCが必要になります。

 

 

中でも脳内でストレスに対して反応し分泌される神経伝達物質の

 

「ノルアドレナリン」

 

を合成するのにも必要になり、

このホルモンが大切な健全な状態を保つのに重要になります。

 

ノルアドレナリンは覚醒作用があり、

 

やる気、集中力、意欲を高めたり

 

記憶や学習にも役立ちます。

 

一方で

不安、恐怖、緊張

という感情などにも深く関係しています。

 

 

また、ストレスに対する耐性を高めたり痛覚を遮断したりする効果もあります。

 

このノルアドレナリンは、

 

安定した人格形成にも関わり不足すると鬱や無気力などになります。

 

また長期的なストレスなどで

このホルモンの過剰分泌が起こると

 

キレやすくなってしまうといった感情を左右する重要なホルモンの一つになります。

 

不安

 

 

この様に人間が健康を保つために

重要な役割を担う機能を円滑に働かせる栄養素であり

積極的に摂取が必要だと考えられています。

 

 

必要だが万能ではない

 

いつもお話ししている繰り返しになりますが、

 

これだけ食べていれば(摂取していれば)大丈夫!!

 

といった万能な食事や栄養素は存在しません...

 

食事、運動、休養のバランスが良い状態で保たれていることが一番となります。

 

重要な栄養素であってもあくまでも健康的な状態を保つのをサポートする

ひとつの要素だという事を忘れない様にしておいてください。

 

そのため、食事のバランスをある整えて行くなかで

必要である場合にサプリメントの摂取をご提案しています。

 

なんとなくサプリメントを摂ってしまうと

本当に効果があるのか?ないのか?

わからないまま何種類も摂取してしまっている場合があります。

 

自分では判断できないという場合には

血液検査からどんな栄養素が足りていないのかを

検査してくれる医療機関もあります。

 

まずはサプリメントを摂った方が良いのかな?

と考えた時に食事のバランスを見直してから

それでも必要である理由があった時に摂取するのをオススメします。

 

 

 

 

食事