からだ作りで結果が出ない方の共通点 その3

Posted 5 years ago

市川・本八幡・葛飾を中心に活動する

パーソナルトレーナー米倉竜太です。

 

からだ作りで結果が出ない方の共通点 その3です。

 

からだ作りをおこなう中で、他人と自分の成果や方法を比較して落ち込んでしまっているケースが有ります。

 

 

同じ時期に始めた他の人がもう体重を〇〇kg減らしている…

 

私よりレベルの高い重い重量でのトレーニングをしている…

 

 

 

 

など比べて落ち込んでしまってはいませんか?

 

 

見る

 

 

他の方と比較する事が全て悪いという訳ではありません。

 

良い取り組みは、真似した方が良い場合もありますが比較するには注意が必要です。

 

 

 

 

あなたと他の方には違いがあります。

 

人にはそれぞれ違い・個性があり見た目でわかりやすいものもあれば、わかりにくいものもあります。

 

身長や骨格・体重などの数値化して測りやすいものだけでなく、性格や身体の中身・内臓の状態、腸内細菌、細胞構成なども見た目から判別できないものも違いがあります。

 

さらに、生活環境や行動習慣・考え方など多岐に渡り違いが存在します。

 

 

 

ある研究では、一卵性双生児の腸内細菌の状態は同じ遺伝子や環境の中で育ったとしても全く違うものになるそうです。

 

腸内細菌の状態が違えば食べ物の消化・吸収の状況や免疫などだけでなく性格の違いにまでの影響が及びます。

 

 

腸

 

 

 

同じ様な見た目・状況に見えたとしても、実際には状況がまったく違っていることが殆どです。

 

比較する場合には自分の目的や特徴をよく理解しておく必要がありますし、仮に比較した方と同じ方法で取り組んでも成果の出かたは全く異なりあなたに取ってはマイナスになる事もあります。

 

一部分を比較して心配する必要はありません。

 

例えば、体重を減らす時に食事を変えて成功して話を聞いたとします。

 

しかし、実際に成功して方は変えたのは食事だけでももともと運動習慣がありトレーニングも正しい方法を学んでいて規則正しい整った生活をしているかも知れません。

 

他の人の取り組みの切り取られた一部分をみて自分自身と比べて、

 

 

私はだって頑張っているのに何で効果がでていないんだ…

 

 

私はやり方が間違っているのかな?

 

 

と考えて落ち込んでしまう必要はありません。

 

悩み

 

 

 

もちろん、成功例を参考にすることは悪いことではありませんが比較の仕方に問題があります。

 

 

どうなりたいかという目的や現在の状況により

 

どんな方法を行うのか?

 

どのぐらいの期間かかるのか?

 

などによりすべてが異なってきます。

 

 

そのため、中身を見ずに結果だけを見て比べしまいやる気をなくして事も多くみられます。

 

また、正しい方法で行っているにも関わらず効果が出ないと思ってしまい途中でやり方を変えてしまう場合もあります。

 

 

そのため、他の方と比較するよりも先に考えるべき重要なことがあります。

 

 

正しければ方法であればどのような取り組みでもほぼ同じくらいの成果が出ます。


あなたの目標に対して正しい方法を行っているという前提条件がありますが、正しい方法でからだ作りを継続して行えば

ほぼ同等の効果を上げることができます。

 

例えば、ダイエットで言えば炭水化物を減らしても脂質を減らしても長期的に見て比較すれば同じぐらいの結果が出ることが科学的に分かっています。

 

 

そのため。他の方と比較するよりも自分自身の行っている取り組みが

 

 

目標に向かって進むのに合っているのか?

 

あなたの特徴に合っているのか?

 

正しい方法だと信じる理由があるのか?

 

継続して取り組むことの出来る行動なのか?

 

 

などを考えてみる必要があります。

 

今の方法で成果が出ている・信頼できるトレーナーについて貰いながら行っているなら問題ないはずです。

 

もし、

 

トレーニングや食事の方法が正しくできているのか?

 

今の方法で長期間取り組んでいるが効果がでていない…

 

 

という様な理由で悩んでいる方は、一度ご相談ください。