食べ過ぎては絶対にいけないのか?

Posted 3 years ago

本八幡・亀戸を中心に活動する

パーソナルトレーナー米倉竜太です。

年末年始のお休みで

 

食べ過ぎた‥‥‥

 

という方も多いかと思います。

 

痩せたいと考えた時にカロリーを多く摂取してしまう食べ過ぎは、次の日に後悔し

 

絶対にやっていけなかった...

 

と考えるかと思います。

 

 

しかし、少し視点を変える事ができれば一時的な食べ過ぎは考えているよりも大きな問題ではありません。

 

 

食事

 

 

何が問題なのか?

 

体重が増加してしまう時には、必ずエネルギーが余っている状態になります。

 

そのため、体重を減らそうと考えると

 

1.食事のコントロールにより摂取カロリーを減らす

 

2.運動などによりエネルギー消費量を増やす

 

というのが基本的な戦略になり、簡単に要約するとこのバランス変えてを摂取するエネルギーよりも消費を多くするしか方法はありません。

 

 

食べ過ぎたらダメ‥‥?

 

という事は、摂取エネルギーが増えるので

 

食べ過ぎたらダメと考えるのは当たり前ですね!!

 

しかし、昨日食べ過ぎたとしても

 

1週間の平均摂取カロリーでみると以前よりも少なくなっていたらどうでしょう?

 

一週間や一ヶ月の平均値で比較して上手にカロリーをコントロール出来ているならば数日食べ過ぎたとしても体重は減るのでなんの問題もありません。


 

カレンダー

 

 

バランスが大切です!!

 

食事も運動もダイエットのためにストイックに続ける事が出来るのであればなんの問題も無いでしょう。

 

しかし、実際は仕事や家族の付き合いや誘惑があり一年間365日間を自分で計画した通りに過ごすことが出来る人はい無いのではないかと思います。

 

そのため大きな視点で見ていけば、新年会で食べ過ぎてしまった分を1週間で調整しエネルギーのマイナス状態を平均的に続ける事ができれば結果的に体重は減るので問題ないでしょう!!

 

 

必要以上に食べ過ぎてしまう状態が続く事で脂肪が増えていってしまいます。

 

 

 

一時的な状態だけではそれ程影響はありませんが、その状態が長く続く事で大きく身体は変化していきます。

 

 

そのため短期的な状態にこだわり過ぎず、食べ過ぎたら数日かけてトータルバランスを戻すために少し食べる量を減らす。


 

時には食べることを楽しみ、大きな視点で捉えてバランスを考えてダイエットを取り組んだ方が過度のストレスもかからず上手くいく可能性が高くなります。

 

ダイエットが苦しいな...と感じる場合は、大きな視野で総合的に身体作りの方法を見直してみてください!!