体罰は子供を暴力的にする。

Posted 1 year ago

西馬込・本八幡で活動するパーソナルトレーナー米倉竜太です。

部活や学校の指導で

叩かれたりする体罰を受けた!!

という方は今だに多いです。

 

私は、部活や学校は子供の学習・成長を

助けるものだと思っています。

体罰は、本当に教育方法の一つなんでしょうか?

 

体罰が実際に子供たちにどんな影響があるかを

88カ国、40万人以上のデータから研究したものがあります。

 

体罰の結果、子供たちはどうなるのでしょうか?

 

暴力

 

体罰を禁止している国としていない国の違い

カナダのマギル大学の研究の発表で

体罰を完全に禁止している国は

禁止していない国より、若者による暴力が少なかった

という内容です。

https://www.mcgill.ca/newsroom/channels/news/youth-violence-lower-countries-complete-ban-corporal-punishment-290645

 

国の文化、家庭状況や経済的な違いなど色々な

状況がありますが体罰が禁止されていない国では

暴力的な問題が、体罰を禁止されている国よりも

多くなります。

 

体罰は、子供の暴力性をあげている

結果になります。

 

「体罰は伝染する。」

研究の結果は、当然だと考えられます。

体罰を受けた子は、それがが相手に意思を伝える

方法だと無意識的に感じてしまいます。

 

そんな状態で、もし何か問題があった時に

暴力で解決しようとするのは体罰の結果の

当たり前の流れだと思います。

 

今だに名ばかりの指導者が

「体罰は時には必要だ!!」

「生徒を思ってやっている!!」

ということがあります。

 

それは、指導者が自分の伝える力が無いのを

棚に上げて暴力で問題を何とか抑え込もうという、

ただただ浅はかな行為だという事です。

 

もちろん、物理的な体罰だけでなく

酷い言葉で怒る、脅すと言った

パワハラ行為も同様でしょう。

 

悲しみ

 

体罰に教育効果は無い!

体罰は

「子供を暴力的に育てたい」

または、

「洗脳して言うことを聞かせたい」

という場合には有効ですが、

体罰を受けて方は、

 

「やる気を出して積極的に自分から行動を変える。」

 

とはならないですよね。

 

暴力を受けたくない恐怖や不安から

仕方なく従う様になります。

それは指導者や先生のやることではありません。

 

先生や指導者の顔色を伺いながら、

怒られないために行動する、スポーツや

勉強をそんな状態でやっても冷静な判断や

集中して力を発揮するなんて事は出来ません。

 

体罰では無く興味を持って自発的に

取り組める仕組みや声掛けてを行う事が

学習効果や成長が高い事は分かっています。

 

体罰を振るうのは教える力がない証拠

体罰を振る事は結果、教育にはならない!!

ということです。

良い影響はありません。

 

もし、近くにその様な指導者がいたら

子供を近ずけないのが一番良いでしょう。

 

 

メルマガにご登録ください

 ○軆 Katachi−Trainerでは、

運動や教育についての情報を

メルマガでも発信しています。

 

科学的な見解に基づいた効果的な学習・

運動の方法や食事、休息の効率の良い

とり方などを紹介していきます。

 

 

トレーニングや子供たちへの

スポーツ指導現場などの経験を

混じえてより、深い踏み込んだ内容を

(Blogなどでは言えない様な事なども)

書いています!!

 

正しいカラダの情報を知りたい!

 

子供たちに何か教えたい!

 

体を変えたい!

 

という方は、

下記のリンクから今すぐご登録ください!!

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMdfkHSs