低炭水化物は寿命を縮める!!

Posted 1 month ago

西馬込・市川・亀戸で活動するパーソナルトレーナー米倉竜太です。

炭水化物を食べる量を制限する

低炭水化物食には色々な意見を

お持ちの方がいらっしゃいます。

 

何が正しいのかは専門の研究者では

ないので言及しませんが、

今回の話は科学的に研究されたデータでは、

現在こうなっていますというものを

お伝えして行きます。

 

ご飯

 

大規模研究では、寿命が縮まる。

25年間のアメリカ人15000人追跡調査によると糖質制限は、

 

寿命が縮まる…

 

という結果になっています。

糖質制限によって炭水化物の摂取が減り、

肉の摂取が増えたことが寿命を縮める原因だろうということです。

 

具体的な割合では食事での炭水化物の割合が

通常の40~70%に対して

糖質を制限し炭水化物の摂取が

30~40%になると寿命が

2~3年短くなるそうです。

 

逆に糖質制限すべきだという理由でよく言われる、

「糖質の摂取が寿命を縮める!!」

いう事を人を対象にして研究された科学的な根拠が

示されている論文はないそうです。

 

食事のスタイルは様々。

今までの人類の歴史的な食生活をみても一概には言えません。

長寿として有名だった沖縄は85%が炭水化物という割合で

総カロリーの95%程が炭水化物の民族もいるそうです。

しかし、糖尿病や動脈硬化・肥満などが

問題に無かったそうです。

 

逆に低炭水化物の食生活(イヌイットなど

炭水化物摂取が食事全体の20%より低い)

も健康だったという事です。

 

そのため1栄養素の摂取が云々というよりも

生活スタイルの中で相対的なバランスの方が

はるかに健康的な食事やアンチエイジングに

関与していると考えられます。

 

食べ物

 

 

炭水化物を減らすデメリット

低炭水化物にすることでのデメリットは、

腸内環境の悪化・甲状腺機能の低下などが挙げられます。

 

また、マウスの実験ですが炭水化物制限食のマウスは、

生存率の低下と皮膚の老化がみられる結果となりました。

https://link.springer.com/article/10.1007/s10522-018-9777-1

 

巷で考えられている

炭水化物を減らすとアンチエイジングや

寿命を伸ばす!!

と言った事とは全く逆の結果です!!

 

老化

 

やっぱりバランスが大切!!

結論として炭水化物の悪いという事ではなく、

もっと大きな問題が他にある

(根本的に食べ過ぎ、加工食品や精製糖の摂取)

というのが現状での科学的根拠のある問題

なのではないかと考えています。

 

偏った食生活や考え方は

体に良くない…

というのが現状での結論ではないのでしょうか。

 

何かたった一つ変えただけで

全体のバランスが整って

大きく良い方向へ変わる事は

残念ながら殆どないでしょう…

 

生きている以上は、様々な要素が複雑に絡まり合った

結果が体に現れています。

繰り返しになりますが、センセーショナルな

謳い文句に(これをするだけで痩せる!!

これを食べると若返る!!など)

騙されない様に気をつけてください。

 

 

 

 軆 (カタチ)では、正しいカラダについての情報発信しています。

「軆」 Katachi−Trainerメルマガでは

科学的な見解に基づいた世界中の研究結果から

効果のあるトレーニング方法や栄養、

休息の仕方などを紹介していきます。

 

トレーニングやスポーツについてだけではなく

健康や体について様々な角度からの話し、

私自身の怪我やスポーツ、指導現場などの

実践経験を混じえてより深い踏み込んだ内容を

(Blogなどでは言えない様な事なども)

書いて、ご質問も受け付けております!!

 

正しいカラダの情報を知りたい

○綺麗な体型になりたい

もっと動けるカラダになりたい

 

という方は、是非下記のリンクからご登録ください!!

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=IRnMdfkHSs